デンマーク家具・北欧家具ショップ スーク| ギャラリー

ギャラリー

ウェグナー CH07 スリーレッグド・シェルチェア アッシュ

ウェグナー CH07 スリーレッグド・シェルチェアウェグナー CH07 スリーレッグド・シェルチェア a
ウェグナー CH07 スリーレッグド・シェルチェア b
ウェグナー CH07 スリーレッグド・シェルチェア c

この商品についてご質問のある方はこちらからどうぞ

生産国
デンマーク

デザイナー
Hans J Wegner(ハンス・J・ウェグナー)

デザイン年
1963

サイズ
W905×D820×H730mm

メーカー
Carl Hansen&son(カール・ハンセン&サン)

素材
アッシュ

価格
Sold Out 

納期
お問い合わせ下さい。

ウェグナーがデザインした印象的なデザインのイージーチェア、スリーレッグド・シェルチェアです。
1943年にチャールズ&レイ・イームズ夫妻が負傷兵のためのレッグスプリントを完成させたことによってプライウッド成形技術が確立され、終戦後の1945年に「DCW」「LCW」の2つのプライウッド成形椅子がハーマンミラー社から発表されました。これは当時としてはセンセーショナルな出来事で、それに刺激を受けた各デザイナーたちもプライウッドによって可能となる三次元曲面の家具デザインに挑戦しました。この時代にはポール・ケアホルムのPK0や、アルネ・ヤコブセンのセブンチェアなど数多くのプライウッド家具が誕生しました。

ウェグナーもこの時期プライウッド家具をデザインし、最初に商品化されたのが、フリッツ・ハンセン社から発表されたFH1936 シェルチェアで、このシェルチェアを発展させたのが、スリーレッグド・シェルチェアです。1963年にヨハネス・ハンセン社からキャビネットメーカーズギルドで発表されましたが、この時点では商品化されずにいました。その後、1989年にコペンハーゲンの工芸博物館で行われたのウェグナー77歳を記念した彼の展覧会に際して、26年ぶりに12脚のみ試作され、1998年からはカール・ハンセン&サン社から商品化されています。

プライウッドの利点を生かした曲面と、どの角度から見ても美しい印象的なフォルム、現代のプライウッド加工技術とウェグナーのデザインセンスが見事に融合し、まるで鳥が羽ばたくかのような美しいデザインの作品です。デザインだけでなく、背と座面のゆるやかな曲線によって座った人をしっかりと受け止めてくれるイージーチェアです。

こちらは現在生産されていないアッシュ材のシェルチェアになります。
新品展示品のため大きなダメージはなく状態は良好です。

※納期が長くかかる場合もございますが、他の木部、張り地も購入可能です。金額は異なります。詳しくはお問い合わせ下さい。

ウェグナー CH07 スリーレッグド・シェルチェア d ウェグナー CH07 スリーレッグド・シェルチェア e

ギャラリー一覧のページへ

現在地:トップページ ギャラリーウェグナー CH07 スリーレッグド・シェルチェア アッシュ

 

北欧家具・デンマーク家具のスーク ショッピングカート